バドミントンジュニア上達の極意 城戸友行の試合に勝つ練習・指導法

全国屈指の強豪クラブの強さの秘密を教えます!
小平ジュニアバドミントンクラブ監督 城戸友行監修のバドミントンジュニア上達の極意の内容は、試合に勝つ練習・指導法が余すことなく公開されています。

 

このようなことで困っていませんか?

・ネットにかけるなど簡単なミスが多い
・飛んできたシャトルをしっかりと打ち返せないなど、ラケットワークが悪い
・スムーズなフットワークが出来ない
・試合での戦術に問題がある
・実戦になると緊張して練習通りのプレーができない
・毎回1回戦で敗退してしまう
・効率の良い結果につながる練習方法やメニューを知りたい
・バトミントンの経験ないので子供にどうやって教えたらいいか分からない
・教えてくれるコーチや先生がいない
・自分の子供だけが下手なので、なんとか上達させてあげたい

 

このような悩みがあるなら、この商品が解決するきっかけになるでしょう。
何故なら、若葉カップ3連覇、全国小学生大会やABC優勝、更にはオリンピック選手を輩出するなど、名門クラブの強さの秘密である指導法がわかるからです。

 

では、全国トップレベルのジュニア選手たちはどのような練習を重ねているのか?まずはその内容の一部を下記動画からご覧下さい。

 

 

バドミントンジュニア上達の極意の詳細を見てみる >>

 

小平ジュニアの指導方法とは?>>

小学生のバドミントンの上達は指導者で決まる

バトミントンの強い選手の多くは、小学生のジュニア期にクラブに所属し、その後に強豪校でプレーするという流れが多く見られますね。

 

 

特にオリンピックに出るような選手は、小学生の頃にしっかり練習に取り組んでいるものです。

 

 

そして、強豪クラブである小平ジュニアでは小学生という年代で、やるべきことをしっかり身につけることに重点を置いて、下記3つを指導されています。

1.持っている力を無駄なく発揮するためのトレーニング
2.試合で自然に良い動きができるようになる基礎練習
3.試合のあらゆるパターンを想定した実践練習

 

これにより、バトミントン特有の正しい動きなどが反射的に自然に出るようになり、試合を想定した実践的な練習をすることで結果が出ています。
ただ、如何にしてにジュニア選手に教えていくか、ここには大きな指導上での課題があります。
いくらバトミントンのことを良く知っていたとしても、それが子供達に効率よく伝わらなければいけません。

 

 

同じことを指導しても、教え方によって差が出てくるものです。
何より選手は年々変わってくるものですが、それでも常に全国大会常連という継続的に結果を出せるということは指導者の良し悪しの影響が大きいということは明らかではないでしょうか。

 

 

その為、強豪クラブがどのように教え練習しているのかなど、積極的に情報にふれて指導能力の向上に努めることが大切でしょう。

バドミントンジュニア上達の極意の口コミ

小平ジュニアはオリンピックへの出場を果たした米倉加奈子選手と佐藤翔治選手をはじめ、日本代表にも選出された渡辺勇大選手、上田拓馬選手、鈴木温子選手などトップ選手として活躍する選手を多数輩出している名門クラブです。

 

そんなこともあり、既に多くの卒業生や生徒さんの口コミや感想が数多くありますので、その一部を紹介しましょう。

 

 (Wさん)

 

城戸監督には小平ジュニアに入って、初めて指導を受けるようになりました。
このDVDにも収録してある基本練習をしっかり行いながら、私のプレーの長所を生かせるように技術面を磨いてくれました。
更にノックやパターン練習をすることで、バドミントンにおける基本を意識することなく習得することができ、その後の自分の成長に繋がりました。。
DVDの内容を練習に取り入れ、自分なりの工夫を加えていくと、より素晴らしい練習になっていくことは間違いありません。
そのお甲斐あって私も今は日本代表入りし、世界を相手に戦うまでになることが出来ました。
2018年には全英オープンのミックスダブルスで日本人初の世界一の座も掴めました。。
DVDに収録されている練習メニューで、ジュニア期における基盤作りに役立てて欲しいと思います。私もジュニアでの練習を基盤に更なる飛躍を目指し頑張ります。

 

 (Kさん)

 

私の場合は、ヘアピンがやや浮いたり、反対にネットにかかったりするのが悩みでした。
更に相手に読まれたりすることもありました。
浮かないようにするにはラケットの先の部分で打っようにするなど、向きが大切であることが分かりました。
相手に読まれないようにするには、最初に落下点に早く入って高い打点でヘアピンを打つ、そして敵を見ながら引きつけて打てば、フェイントができるようになることが分かりました。
アタックロブもフェイントネットと同じように、早く入り相手を見ながら引きって打つことが大切であるなど、ヘアピンが苦手だと思っている人はこのDVDに収録してあることと同じことを試してみてください。

 

 (Hさん)

 

小平ジュニアに小学校6年間所属し多くのことを教えて頂きました。
例えば、ウォーミングアップでは股関節や肩甲骨などの可動域を広げたり体幹を鍛える為のダイナミックストレッチを行っています。
そのおかげで、私は6年間大きな怪我をすることなくプレーが出来ました。
手投げノックやフットワークではプレイングセンターという言葉の意味を考えながら、動き出す場所であるホームポジションは常に同じところではないことを修得しました。
パターン練習では打つコースやショットが同じですが、毎回試合を想定し、逆コースに打たれた場合でも拾える体勢で構えるように言われました。
今は中学生になり、このDVDのように体の使い方から打つまでの動作を中心にバドミントンの基礎を6年間学び、全国大会にも出場することが出来ました。
教えて頂いただことを大事にして、これからも頑張っていきたいと思います。

 

口コミにもあるように、小学校のうちに基本などの必要なことをしっかり身につけ、その先の中学、高校、そして社会人と伸びしろのある選手に育成していくことが大事なようです。

強い選手ほど質の高い練習をしている

バトミントンをやる以上は勝ちたいし、負ければ楽しくありませんよね。

そして、強いジュニア選手ほど質の高い練習をしているものです。

 

 

子供達にとっては、ただ単にスポーツをしているということに留まらず、生活の重要な部分を占める時間でもあります。

 

 

全国のクラブや学校を見渡せば、部員数が少なくて悩んでいる部もあれば、反対に多すぎてコートが足りないことが悩みだったり、また、指導者が初心者でどう教えていいのか分からないということもおありでしょう。

 

 

どんなに練習しても、地区予選1回戦敗退を繰り返し、強くなろうと努力をしている部もあるかと思います。
そのような人でも、全国屈指の強豪クラブの小平ジュニアの練習法を実践することで、

体の使い方を基礎から見直すことで自然にミスが減って、試合に勝てるようになれます。
無意識に体が動くようになりラケットワークやフットワークに磨きがかかる。
戦術も含めた練習メニューですので、主導権が握れ勝てる戦い方が出来ます。
普段やっている動きが自然に出来るので、試合で緊張することなく実力を発揮出来る。
バトミントン未経験の指導者でも自信を持って子供に教えることが出来るようになる。
子供の上達出来ないという悩みを解消してあげられます。

 

など、あげるだけもきりがありませんが、これまでの悩みが解消して、周りから一目置かれる選手、尊敬される指導者に変わることが出来るのです。
もちろん、体格や運動神経など関係なく、誰でも出来るもので、正しい体の動きを知って練習をすることで上達できます。

 

 

例え、体が小さい、筋力がないような場合でも、それに応じたやり方というのがあります。
重要なのは、初心者からでも結果が出ている全国トップレベルのバトミントン強豪クラブである小平の練習法や指導法を「知っているか」「知っていないか」「やるか」「やらないか」で今後の結果が大きく変わってくるとも言えるのです。

 

 

今一度、現在の状況を振り返り、正しい効果的な練習ができているか考えてみてください。
日々の練習法を変えることで、実力は一気にアップさせることが出来るのです。
尚、ここでは全ての内容はお伝えしきれませんので、下記公式ページのボタンをクリックして一度ご覧になって見てくださいね。

 

 

★お得な特典付き!

安心の180日間全額返金保証

城戸先生の個別メールサポート

 

商品内容:高画質DVD2枚組 配送版 収録時間 Disc1:1時間33分 ,Disc2:1時間11分 ※別途 送料540円がかかります。

 

今ならキャンペーン価格!

更新履歴